2010年12月11日

なんと le jazz modal が

時おりマッタリと遊んでた名古屋栄の le jazz modal が、なんと 12月11日(今日だ!)で閉店!突然だなぁ・・・遊び場書がまた一つ少なくなるぜ!で、
ラストイヴェントとして・・・
Golden Hour of Masa-Mambo Vol.4
(マサマンボのゴールデンアワーVol.4)

スイングジャズ!サルサ!マンボ!サンバ!などのヴィンテージダンスミュージックに身を任せた紳士淑女たちが夜更けまで躍り明かす…
伝説のDJマサマンボが満を持してスタートさせたちょっと小粋なダンスパーティー♪
←とのこと。

第4回は、ゴールデンアワーのお抱えバンド『BLACKQP’67』が、マサマンボをイメージして作った超ゴキゲンチューン「マサマンボーズジャイブ」を披露いたします!!「聴いたら最後!」踊らずにはいられない「マサマンボーズジャイブ」が紳士淑女の皆様を昭和のダンスホールへ誘います。←とのこと。

■日 時:2010年12月11日(土)21時〜 
■場 所:@le jazz modal http://blogs.yahoo.co.jp/lejazzmodal

でLiveもあります。

■特別生演奏:BLACKQP’67
■DJ:マサマンボ、沼田ヨシタカ(VERSION CITY SESSION)、モリモト(DANCE CRAZE!)
■アートワーク:高島凡人
■入場料:2,000円/1D(マサマンボVIPカード会員:2,000円/2D)
【アーティストプロフィール】
特別生演奏:BLACKQP‘67(http://www.blackqp67.com/
ジャズバンド「native」のリーダー中村智由こと「BLACKQP」によるニュープロジェクト。バンドのキーワードは60〜70’sにかけて流行ったブーガルー/ジャズロック/ニューオリンズビート。ノスタルジックでハートフルな旋律に思わず体を揺らしてしまうグルーヴは、最高にハッピーでダンディー!クラブジャズファンから歌謡曲リスナーまで、世代やジャンルを超えて届け、これぞ「楽しむためのジャズ!!」


アートワーク:高島凡人  

Posted by 偏執長 at 09:09Comments(0)TrackBack(0)
プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE