2011年12月13日

荒木由香里展の紹介を忘れてた

12月10日(土)から12月24日(土)まで名古屋円頓寺の
AIN SOPH DISPATCH で 
荒木由香里個展 "Epistemology" 開催中です。

Epistemology[認識論]
認識、知識や真理の性質・起源・範囲(人が理解できる限界など)について考察する。人はどのようにして物事を正しく知ることができるのか。人間にとって不可知の領域はあるか。あるとしたら、どのような形で存在するのか。
最近は空気、物質、既製品、言葉、空間、先入観、色。すべてのものを等価に扱い作品作っています。そこで同じ色の物を集め形にしたときどうなるか、と思いました。様々な素材の同じ色の物が、一つの塊となっているオブジェクトは、どのような作用を働くのでしょう。素材や形が異なっていても同じ色だと、まず色の先入観で観るのだろうか。また、例えば赤い物と限定し集めた時に、世間一般的に赤といわれる色がある事にも気付きます。赤と書かれているものでも、違う色と思う物もある事に気付きます。今回の個展は、既製品をつかう、色を限定し意識する、とルールを決めました。黒と白と比較されやすい2色に限定し、色に対する認識、私自身の物質に対する認識、観る人がどのような認識をするかという実験でもあります。
   荒木由香里


↑などとムツカシイことを言ってますが観りゃあいいんですよ!

2011年12月10日(土)→12月24日(土) 
13:00-21:00 ※木曜休


  

Posted by 偏執長 at 13:01Comments(0)TrackBack(0)
プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE