2013年01月20日

「街角から」1月20日号だよ〜

ま、いろいろあるんですが、それはともかく「街角から」1月20日号です。

↓理容店シリーズ

↓「洋品」となってるからには洋品店シリーズだぁ

↓いろいろな情報にあふれてます

↓模型店シリーズ

↓駄菓子屋だったっぽい

↓洋品店シリーズ

↓どこか懐かしく感じる建物です。懐かしく感じるもの関連でいえば、蒸し返すようですが映画「Always 三丁目の夕日」は突っ込みどころ満載ですね。ディテールに気を使ったつもりが当たらずとも的外れってのが多いですね。服装がこざっぱりしすぎている、ホウロウ看板が既に古びている、ネクタイのノット、スーツの型がヘンだ・・・等々・・・だれも何も言わなかったのか?日本映画は所詮その程度なんでしょうかねぇ。日本映画と言えばやたらと「泣ける」ってのがキャッチになってるようですが・・・泣けりゃいいのかよ!それと映画じゃないけどやたら「盛り上がる」ってのもねぇ・・・思考放棄じゃないのか?まあタワケタコ踊りとかああいうのに嵌まるってのはもともと思考力がないってことかもしれないけどね・・・。で、これまたあんまし関係ないけど、ギャハハハと笑いながら手をバチンバチン叩くってのも・・・なんだかなぁ

↓駄菓子屋だったっぽい

↓いろいろ扱ってらっしゃる

↓いろいろ扱ってらっしゃる 2

↓いろんなことがここだけでできそうな「喜多ののれん街」

↓何を禁止しているのだろう

↓結構ハードな整体っぽい

↓市井のガウディか

↓洋品店シリーズ

↓気分よくなれそうだなぁ

↓「半分」ってのがいいなぁ

↓中華ではなく「韓人」ってのはなんだろう

↓漢方薬店はどこも字体が力強い

↓写真店シリーズ
  

Posted by 偏執長 at 18:06Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月16日

「風道」ご報告

11日「風道」ご報告です。
いつものことながら演奏中は撮影しない主義(?)ですので普通の意味でのライヴ風景はありません(ライヴの模様は Azur が YouTube にアップする予定とか…)。で、当然のことながら小生の映像は無し(誰も撮ってはくれなかった…というかカメラを預けた方がまれにみるメカ音痴でカメラをONにすることができなかった…ま、いいけど)。
ライヴは…なんやかんやで結局、小山彰太、Azur、犬飼"モンク"興一、小生の順列組み合わせ(?)で怒濤の3セット、ラスト2セットが小山彰太ソロ小山彰太+犬飼"モンク"興一のデュオ。やってる小生としては充実のライヴでした。

多数のご来場、ありがとうございました
& これに懲りずに w またよろしく!

↓小山彰太と犬飼"モンク"興一。リハのようですが二人は何の関連も無く勝手にやってる

↓なにやら考えてる犬飼"モンク"興一

↓小生のファン(!)2名。県外からのご来場です!

↓終了後、歓談する客と小山彰太、犬飼"モンク"興一

↓下手より画家のA女史、谷村 武彦、Azur、ヘヤーアーティストの平松 泰

↓犬飼"モンク"興一と滝沢 彰

↓結局、呑んでる…

↓なにやら主張する犬飼"モンク"興一

↓お美しいA女史

↓犬飼"モンク"興一、谷村 武彦、Azur

↓谷村 武彦、A女史、犬飼"モンク"興一、Azur
  

Posted by 偏執長 at 01:46Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月12日

ありがとうございました!

風 道
(かぜみち)

多数のご来場ありがとうございました!ご報告は後ほどまた。  

Posted by 偏執長 at 09:11Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月05日

初「街角から」だぁ〜

「街角から」です。といっても撮影は去年ですが・・・。
そういえば先日、喫茶YOUで久しぶりにAnn Peebles を聴いた。本人は言うまでもなく、ハイ・リズム・セクション、やっぱりヨロシなぁ〜。ということで・・・

↓街角モダンだ

↓華やかに町を彩ったこともあったのでしょうなぁ

↓欲しかったが閉まっていた・・・

↓やはりなにやら崩壊している気がする(そういうのが大好きなのだが)

↓怪しいお店。営業はしているらしい。名古屋円頓寺のテラゾといい勝負。

↓歌唱指導をしてくれるのだろうか

↓今風のブレザーではなく詰襟の学生服を売ってて欲しい

↓アメリカンなラーメン屋

↓ガッツリ・モーニング…ではなさそうだな

↓ちゃんと別のところにオープンしたのだろうか

↓理容店シリーズ

↓何屋さんなのか

↓アリスではなくフレディ様がBGMになってて欲しい

↓理容店シリーズ

三重テレビを観ているとCMが流れてる

↓後ろのPOPが欲しい

↓商品を大切にしているんだなぁ

ポール・ウェラーがお忍びで呑んでたらスゴイが…

↓店主の年齢といままでの人生が分りそうな店名

↓I'll be back !

↓と言いつつ皆、リズミカルにではなくダラダラと呑んでるんだろうな

↓左に折れると・・・

↓ちゃんと(?)人が住んでます。

↓階段を昇り奥へ行くと・・・

アカノシバヒトによるとここが本当の元祖らしい

↓開いてる時に見てみたいぞ

↓ああ!年末!

↓けっして今風のダンスじゃないのだろう。舞いかつ踊れ、ソフトハットをなびかせて!

↓プチ整形か?

↓今度、土鍋プリンを食べに行こう

↓弟は何をしている?放蕩が過ぎて勘当されたか?

アトスポルトスは何処に?

↓欲しかったがなにせ重いものですから・・・

↓「たこやき」に弱いワタクシ
  

Posted by 偏執長 at 10:59Comments(2)TrackBack(0)

2013年01月01日

仏滅ラストショーご報告:改訂版

仏滅ラストショーご報告の改訂版です。スナップは相変わらずテキトーなので・・・すべてを網羅している訳ではない、故に、カネちゃんこと金子敏明、村上等、ブルース・マン国際バンド、そして小生の(ウエノさん”ィエ!”が出たぜ!)そしてなによりもの柳川芳命の演奏の様子の映像はない・・・。

雨もよいの中(小生が出演するときはいつも雨だなぁ。雨乞いLIVE ができそう)FULL HOUSE に到着すると FULL HOUSE嫁が不機嫌に迎えてくれる。不機嫌坂本怨念が憑いたか?皆、楽器のセッティング、チェック等に余念がない中、小生はさっそく薬とビール(決してロクデモナイ薬ではない、為念。しかし薬をビールで飲んでいいのか?)。そして幕は開く・・・
インターヴァルでは名古屋から駆けつけてくださったK女史が新田みかんに無茶ブリしていろんな曲を自分ひとりの為に目の前で演奏させていた・・・w(K女史差し入れありがとうございました!)

↓音チェックする新井陽子。FULL HOUSE 亭主は調律したばかりだといいフリー系の演奏にはどうやらいい顔をしていないようではあったのだが・・・

↓それぞれ勝手に音チェックの小林雅典、柳川芳命

↓不機嫌坂本&サフラン今井

↓このうち三人(アカノシバヒト、久松尚史、三木勇)が小生と共演してくださるのだが・・・小生、お三方と打合せもせず酒を呑む。何が起きるか分らないからこそ面白いのさ!(開き直り)

↓なにをかは分らないが打ち合わせるマリリンとアカノシバヒト

↓なにをかは分らないが話し合ってるマリリンと不機嫌坂本

↓下手から新井陽子、若林輝朗、新田みかん、サフラン今井、アカノシバヒト、小林雅典

↓新田みかん、サフラン今井

↓新井陽子、若林輝朗

↓下手より新井陽子、ガイ、金子ユキ、長田康子、石渡岬。
そういえば終了後、金ちゃんの YOU でコーヒーを飲んでいたのだが、少し遅れてやって来た、ガイ、金子ユキ、若林輝朗のうち、金子、若林は帰り際におつかれさまと言っても何も言わず目すらあわせようとしなかった。きっとお偉いお方なんだろうなぁ、金子ユキ様と若林輝朗様は。そりゃあ確かにコチトラは吹けば飛ぶよなオヤジだぜ・・・しかしそんなことではなく、人としてのあり方の問題ではありますまいか、お二人の・・・。不機嫌オヤジになりそうだぜ!(←もうなってるがw)。楽しかった仏滅ラストショーが最後で台無しだぜ

↓演奏中、金子を口説くガイ


では皆様、
本年もよろしくお願いいたします!
  

Posted by 偏執長 at 22:11Comments(2)TrackBack(0)
プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE