2013年08月23日

この時期になると

この時期になると歩きながらつい口ずさむのは・・・
「十五 十六 十七と幸せでしたあの頃は・・・」(「港の彼岸花」 浅川マキ)

「十五 十六 十七とわたしの人生暗かった・・・」(「圭子の夢は夜ひらく」 藤 圭子)ではありません。
藤 圭子没の報の前にも口ずさんでいたのですが・・・これもシンクロニシティ?

そして今日から名古屋市内はウットウシサで満たされてしまいます・・・  

Posted by 偏執長 at 07:18Comments(0)TrackBack(0)
プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE