2014年05月18日

ちょっと苦しかったが・・・

5 月16日(金)、名古屋築地口、”夜空に星のあるように”(いつものことながらステキな空間です)での
”「 存在 existence 」小山彰太を囲む”
とりあえずのご報告です。
演者は・・・小山彰太(ドラムス)、樽本里美(十七弦琴)、高木英臣(コントラバス)、犬飼モンク(トイピアノ)、そしてワタクシです。酒が飲めずちょっと苦しかったが・・・、かつほんとに呼吸がちょっと苦しかったが・・・
↓これ、第一セット。

小山彰太、樽本里美、犬飼モンク、ワタクシ。
この前にまず高木、犬飼のDUO、小山、高木、犬飼のTRIO、一旦高木が抜け、
で樽本とワタクシが加わってこの感じ。

↓あ〜・・・と頭を抱えている訳ではない
(実はそうだったりしてw)

↓これは第二セット。

小山彰太、樽本里美、高木英臣、犬飼モンク、ワタクシ。
小山、高木のDUOへ移り。
そして小山のSOLOで終了。
そしてみんなでカレーをいただく・・・
  

Posted by 偏執長 at 09:30Comments(0)TrackBack(0)
プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE