2014年11月30日

面白がってるだけじゃイカンのだが

批判されるのが大嫌いらしくちょっと突っ込まれると逆ギレする安倍の姿が頻繁に見られるなぁ〜(それにしても安全保障関連になるとやたらと雄弁になるなぁ〜。そして言葉の端々に現れる上から目線。安倍はどうやら「愚かな国民を導く偉大なヒト」であるらしい。)。
そしていよいよあからさまな言論統制が始まったぞ!今度の選挙の後には…Heil mein Fuhrer,SHINZO !だぁ〜!?世界に冠たるウチュクチイ国が戻って来るぞ〜。若者よ異邦の地でこんな筈じゃなかったと思いながら銃を握りしめて死ね、農民よ娘を売れ、バブーフ、マルクス、グラムシ、ゲバラ、ネグリなんて名は口にしてもいけない、神前結婚式が始まったのは明治時代だ、宮中祭祀のほとんどは明治になってからのものだ、などと余計なことは知ってはいけない、「道徳」と「倫理」は違うなんて考えちゃいけない…、安倍はナショナリストのようで実はグローバリストだなんて事を言っちゃいけない…。な〜んてことでこの程度のブログも閉鎖においこまれるんだぁ〜
弥 栄!


もう一言。最近のやたらと「〜さん」付けする風潮、ありゃなんだ?ある程度の公的な活動をする人物、歴史上の人物に対してある程度の公的と思われる場での言及には敬称は略するのが常識だった筈なのに…(もちろん面と向かっての場合は別。)。以前も言いましたが「坂本龍馬さん」なんて珍妙なのがまかり通っている(「聖徳太子さん」ってのもどこかで見たぞ!ひっくり返りそうになった)。思うに…、「こんなに他人を『リスペクト』してるんだからこちらも『リスペクト』されて当然だ(あるいは『リスペクト』して欲しい、しろ)。」(「リスペクト」っていうのもウットウしい言葉ではあるが)っていうオレチャマ的な発想なのかなぁ〜…  

Posted by 偏執長 at 09:53Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月22日

出た〜!!

芳賀日出男「日本の民俗 祭りと芸能」「日本の民俗 暮らしと生業」が文庫(角川ソフィア文庫)で出た〜!!やっと手元に置けた!

 

そして…

ものみないこえる しじまの中を、走れ、怪人二十面相。
ひとみな続け極月の疾走…我もまた往かん…
  

Posted by 偏執長 at 21:35Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月17日

ご来場ありがとうございました!

「Words and Sounds」へのご来場ありがとうございました!

あ〜面白かった(出演者が面白がっちゃいけないか…)。

↓なんとワタクシが口開け。
下手からアカノシバヒト(sax)、ワタクシ、小林雅典(guitar)、
カレラ栂並(tp)


↓ストラトもなんか叫んでます。今回は弾き語りwでした

↓下手から「三人の中で一番濃くない(本人弁)」黒田誉喜、
佐藤シゲル(bass)、クルミタカヒロ(electro)

ちなみにクルミタカヒロは「人前で演奏するのは初めて」の由。

↓下手からカレラ栂並(p)、今井くるみ、
ミラクル・カレラ(ワタクシが今、勝手に命名w。g)、
佐藤シゲル(bass)、アカノシバヒト(sax)


↓下手から黒田誉喜、ワタクシ、今井くるみ

アカノシバヒト、黒田誉喜


そしてアカノシバヒトが映像を送ってくださいました。
後ろは小林雅典。白く写っているのはカンパネルラを乗せ
虚空へ向かおうと飛び散る原稿…

(撮影:アカノシバヒト , FULL HOUSE ,
dimanche 16 novembre 2014)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Words and Sounds
三人の詩人と音楽 
今井くるみ 後藤博 黒田誉喜三人の詩人が吠え、
ミュージシャンが奏でる


11月16日(日)
start19:30 charge1000円 
四日市フルハウス (059-352-4977 四日市市諏訪町13-3)
アカノシバヒトsax他/カレラ栂並 tp他/クルミタカヒロ electro/
佐藤シゲル bass/小林雅典 guitar  後藤 博 今井くるみ 黒田誉喜
  

Posted by 偏執長 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月10日

「街角から」ちょいまとめ号だよ

「街角から」ちょいまとめ号です。

↓こういうものこそがそもそもの「ゆるキャラ」®ではないだろうか?

♪線路は続くよどこまでも…♪というわけではない。「国鉄分割民営化」からこの国は妙なことになり始めた気がする

↓そしてここを二度と列車は走らないのかもしれない…。
現在、バスによる代行運転となっている区間です

↓いかなる関連性か?フーコーが見たら呵々大笑するのでしょうか?

↓なるほど!

↓美しい!

↓廃業してましたが中には商品がまだ色々ありました

↓今号の白眉かもしれない

↓さる有名な料理店の真裏にあります

↓確かに

↓ワタクシ好みのファサード

↓昔、買ったことがあるなぁ。或る意味感動的だった

↓洋品店シリーズ

↓タバコ屋シリーズ

↓なんじゃこりゃ?(o゚▽゚)o

↓現役です。食料品が色々ありました

↓いかなる運動であるのか?

↓君がアブナイぞ


↓どうも「絆」と言う言葉は好きじゃないなぁ〜。

↓車椅子のおばあちゃんが店番をしてました

↓三叉路シリーズ

↓火の見櫓シリーズ

↓牛乳箱シリーズ

↓牛乳箱シリーズ

↓イラストが良い

↓「美しい日本」のワタクシ

↓今は業務用しか販売されてないようです

↓デリバリーもOKだろうか?
  

Posted by 偏執長 at 14:26Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月03日

「街角から」11月3日、文化の日号です

「街角から」11月3日、文化の日号です。どこが「文化の日」なのかよく分りませんが(というかサッパリわかりませんが)ともかく行きましょう。その前に…今、決して好きではない、評価もしない池上彰が(アンタが言ってるようなことはこれに限らずわざわざ言われなくっても常識の範疇だろうに…ワシラは「中学生」か?と言いたくなる)司会を務める独裁者特集のTV番組がたまたま目に入りましたが、どこぞやのお代官様は「あの人たちがうらやましいな〜、ボクチンもあんなふうに国民を従わせたいな〜」とヨダレを垂らしているんだろうなぁ…。「悲願」の幾つかは実現したしやりたい放題まであと一歩だ〜!それ行け「最高責任者」!!

↓「瑞穂の國」の基本は先ず農業だぁ〜。
ワタクシとしては「稲作中心史観」に対しては??なんですがそれはそれとしても、
国の基本は決して「株」なんぞではないでしょうに…

↓ここのご主人は「麺道」などとは言わないに違いない

↓The Golden Age Of Rock'n' Roll … であったのか?

↓実は張り紙の内容がアヤシかったのだが…

↓こう言われると余計に……で、入って行きました。行き着いたのは複数の監視カメラに囲まれた袋小路でした。

↓私が世界の中心だ…とはヴィトゲンシュタインであったろうか

↓果たして今、需要はあるのだろうか

↓チェリオだ!ポンだ!

↓ワタクシが言うのもなんだが…やっぱり銀塩だぁ〜

↓渋谷系…?

↓出前は永久に来ないような気がする。

↓そう、君たちは人気者さ!

↓滅多なことは言えないのですが…この辺りはあの区域だったのではという気がします


  

Posted by 偏執長 at 21:39Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月02日

降り出しそうな空の下、「街角から」11月2日号です

なにやら急に寒くなる予想の中、「街角から」11月2日号です。

↓まつりだまつりだ!

↓残念ながら廃業してました

↓火の見櫓も好きです

↓実に分りやすい

↓ちょっと分り難いですが赤い「V」の横でシュワちゃんが歯を剥き出しにしてます

↓豆炭、煉炭のある暮らしはもう帰らないのかもしれない

↓単純に清々しいとは思えない。何かが引っかかる…

↓部屋の中がどうなっているのか気になる

↓しませんか?

↓ヒャヒャヒャヒャ…

↓レンタルもやってる呉服屋

↓屋号なんだろうがひな人形には相応しくないのでは…と
思ってしまうのはワタクシがストレンジャーだからか?

↓残念ながら廃業してしまったようです

↓廃業してしまった玩具店では夜な夜なフェアリーたちが
舞踏会をやっているのでありましょう…

↓かつては様々な微笑みが交わされたのでありましょうか?

↓やっぱりこれですよ!カフェなんか…←ほんと、クドイ

↓アタシャ葬式なんざしてもらわなくても…っていっても誰もやってくれそうにはないのだが…ハハハハハハ
と言って別にやって欲しい訳ではない、為念

↓基本はタコ焼き屋なんだろうなぁ

↓そしてこちらは「たい焼き」

↓素晴らしい氷だと予感させるではないか!!(稲垣足穂風に)

↓「てこねチャーハン」が気になる

↓こういった「食堂」も少なくなってしまった…。
良さが分ったときにはもう遅いかも…

↓「カルピス」が良い!

↓ちょっと店内を想像しがたい

↓穏やかに暮らしてらっしゃることを願う…

↓お餅をいただきながら手相を見てもらうってのもいいかも…。それはそうと「外はカリカリ中はモッチモチ」って言い方、ヤだなぁ
  

Posted by 偏執長 at 12:02Comments(0)TrackBack(0)
プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE