2014年08月01日

7月はすでに過ぎ去ったが・・・

7月7日はとっくに過ぎ去ったが…7月というとサイパンへ行ったときにBanzai Cliff から遥か日本の方向を眺めた時のことを思い出す。海も空も何処までも碧く、短パン、アロハでおとなったことを一瞬恥じた…。口をついて出たのは照りつける太陽の下と言えど、有名すぎる寺山修司のあの歌。靖国に祀られた御霊も祀られぬ御霊も祀られたくない御霊も如何に聞いたであろう…。そしてワタクシは哭いた…。

身  マ
捨  ッ
つ  チ
る  擦
ほ  る
ど  つ
の  か
祖  の
国  ま
は  海
あ  に
り  霧
や  ふ
   か
   し


寺  
山  
修  
司  



この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE