2014年10月05日

そしてそれはともかく「街角から」10月5日号

村上春樹がノーベル文学賞を…かもしれない。なにせ石が流れて木の葉が沈むような世の中故に(嗚呼!)。そしてそれはともかく、「ハルキスト」って感動的に気持ち悪い。そしてそしてそれはともかく「ハルキスト」って本当にいるのか?みんなジョークでやってるんじゃないのか?とてもじゃないが正気の沙汰とは思えない…。そしてそしてそしてそれはともかく「街角から」10月5日号です。そしてそしてそしてそしてそれはともかく、颱風接近の中「不必要な外出」でもするとしますか…

↓「ちゅうい」のルビの位置に注意

↓ナザレのイエスは咎なくて・・・

↓コンセプチュアルだなぁ

↓職人はまず腕だ、と考えるのはもう古いのであろうか

↓「オシャレなカフェ」は見習うように ← くどいw

↓白髪の優しい薬剤師がいるに違いないと思わせてくれる。「ヘソお辞儀」をしながら頭のてっぺんから妙なイントネーションで「イラッシャイマ〜セェ〜」などと言うバイトではなく。

↓「うたかたの日々」はボリス・ヴィアンであったろうか…

↓え!?

↓とりあえず入るか否かを考えてしまう


そして…これが我が愛用の1801年(亨和元年)設立のヤマコ醤油株式会社の醤油(「三重奏」で決まり!)と味噌(三種全部冷蔵庫にある)。近所ではなかなかお目にかかれないので四日市の「じばさん三重」で買ってます(時々欠品してるが…笑。ヤマコ醤油本社内の直売所へはあの近鉄八王子線の終点まで行ってしばらく歩かなきゃいけない。しかも土日祝休み!)。

(製品写真はヤマコ醤油株式会社H.P.より)


この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE