2007年09月09日

やっぱり出歩かなくちゃネ

[今日のお言葉]
 
我喚ぶを後も向かず秋の人   長塚節

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7日の続きから・・・。
なんやかやあって、イトウカズヒト、店内でヴァイオリンを弾くことに。
なんか音があった方が善いとのことでレコードに合わせることに。レコードは何と!カンパニー!!
イトウ、弾きながら、「(カンパニーの音は)すごい密度だ。壁が出来てる、入り込めない!!」等と言いながらも弾いていたんですが、新しいお客さんが来たので、止める。

昨日(8日)は移転なったギャラリーHAMのオープニングへ。
オーナー夫妻に短く「おめでとうございます」。
セシルさん(セシル・アンドリュー)の新作(かな?)の布団(正式なタイトルは知らない。本人に訊けば善かった)に寝てみたいものです(笑)。←ペーター・ヴートリッヒの作品かもしれん(いいかげんだなぁ)。

県美でのサイクル・リサイクル(だったかな?)とのコラボ作品(?)もウロウロ(笑)する中、久しぶりに顔を会わせる作家、コレクター諸氏と諸々話す。

郷商店主とは何と色違いではあったけど、お揃いのアロハ!
マツキチ氏とはいつもの如く「呑んでる?」「バッチリ」と短く。
作家の江口氏とはワインの話。井出氏とニューヨークでの個展の話など。
水上旬氏とは諏訪神社の話、ダダカンの話、11月の個展の話(限定品の日本酒があるということなので行くことに←なんじゃ??)。・・・所用故に7時半頃においとま。

これからAIN SOPH DISPATCHへ大竹司の個展「membrance」を観に行きます。


[昨日聴いた曲/アルバム(7日の分は忘れた!)]

●Shostakovich: Chamber Symphony, Op. 49a,
Chamber Symphony, Op. 110a,
Chamber Symphony, Op. 118a,
  / Rudolf Barshai; Orchestra Sinfonica Di Milano Giuseppe Verdi
●Tchaikovsky: Piano Trio in A minor, Op.50
  / Vladimir Ashkenazy, Itzhak Perlman, Lyn Harrell
●Korngold : Violin Concerto in D major, Op. 35 ,
Gesang der Heliane aus "Das Wunder der Heliane",
Much Ado About Nothing, suite for violin & piano, Op. 11,
Suite for 2 violins, cello & piano left hand, Op 23,
/Benjamin Schumid (vn),OZAWA Seiji,Wiener Philharmoniker ETC.,
●MUSIC FROM BIG PINK / THE BAND


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
→ダダカン再訪記−藝術仏の近況
ダダカン師は日本におけるハプニング・アート、全裸行動芸術の開祖的存在であり、〜中略〜
今回は服を着て出迎えてくださいましたが、話に興が乗る...
宗教心のない神とか ダダカン再訪記より【blog50-1】at 2007年09月14日 08:27
 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE