2008年07月14日

さらば、夏の日に、さらば

一週間以内、との母に対する宣告に対し延命措置を拒否する旨、告げる。
夏の薄暮のなか、一瞬、その熱気の揺らめきが無くなるかのごとく瞬間戻った清明な意識に対し、おそらく今生、最後になるであろう言葉を交わせたことはなんの僥倖ぞ。
たとえ一刻であろうとも命ながらえさせることよりも、一刻たりとも苦痛を感じさせたくない選択をした子と、自らはそのいずれの選択からも疎外された母が、彼岸とやらで再びまみえることは有りや無しや・・・。
さらば、夏の日に、さらば。



この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE