2011年01月28日

悲しみは限りなく

悲しみの前夜式の後は、皆で、ジャンボさんと知り合ったジャズバーへ。
「貸し切り」の掲示。マスター、ありがとう。
天国へ行く前に、チョット寄り道してくれたはず。相変わらず皆、バカなことばっかり言ってるなぁ・・・と苦笑いしながら旅立ったはずさ!

今頃、ジャンボさんは主の御元でサックスを吹いているんだろうなぁ・・・




この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
みなさまありがとうございました。
そしてなんと、海外在住の親戚がこのブログにたどりつき、弔電をくださっていたことが今日になって判明しました!
とりいそぎお礼まで。
Posted by ケロリン at 2011年01月29日 00:32
ケロリンこそ、たいへんだったですね。
こういうことでなく皆さんのお役に立てば・・・。
それはそれとして、改めて、
ジャンボさんのご冥福をお祈りいたします。
Posted by 偏執長 at 2011年02月01日 13:06
こんばんわ

偏執長さま 電話をいただきありがとうございました。

ジャンボさんとはしばらく交流はありませんでしたが、「仁坊」で彼の活動はいつも聞いておりました。彼の演奏を聴きたかったです。いつか行きたいと思っていましたがかないませんでした。残念です。

ご冥福をお祈りいたします。
Posted by CJ at 2011年02月01日 22:12
 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE