2012年01月02日

新年から何かと忙しいわい

柳川芳命主宰の『地と図』vol.44 vol.45 の告知が立て続けに飛び込んできました。
場所は両方ともいつも(?)のように名古屋千種のカルヴァドス

『地と図』vol.44
日時:2012年1月14日(土) pm7:00open 7:30start
チャージ:¥1,500(1drink in)
場所:カルヴァドス
名古屋市千種区内山3-20-6

phone:052-733-8467
http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html

出演:
East Seed【坂野嘉彦(クラリネット,鍵盤類),
樽本里美(十七弦),山田聡(ケーナ,トランペット),柳川芳命(サックス)】


※フリージャズ,現代音楽,邦楽,フォルクローレ, etc.の横断的即興プロジェクト「East Seed」(ユニット名じゃないよ)によるフリーインプロヴィゼーションです。


 ← フライヤーより




『地と図』vol.45
日時:
2012年2月25日(土)
7:00 : Open 7:30 : Start

Charge: ¥1,500 (One drink in)
 
出演:

knot+over(コニシヒサカズ banjo, 岡崎豊廣 electronics),

河合渉 guitar+柳川芳命 sax+佐々木淳 keyboard

場所:カルヴァドス
名古屋市千種区内山3-20-6
phone:052-733-8467
http://www.geocities.jp/ballcalvados/map.html

つまり,「非論理的」な世界について,それがどのようであるかなど,われわれには語りえないのである。 「論理」に反することを言語で描写することはできない。

L.Wittgenstein「論理哲学論考」3・031, 3・032
 ← フライヤーより




この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE