2012年04月20日

「街角から」4月20日号

十年ぶりくらいでまた乗るようになった自転車にやっと身体が慣れ始めたようです。閻魔様に会う一歩手前で引き返す原因となった血圧も少し低くなって安定しているようです。輪行バッグも買い直し、さあこれからです(何が?)。
てなことで「街角から」4月20日号です。

↓「道場」じゃなく「所」というのはどういう形態をさすんだろう?

↓独り暮らしのくせになんだかんだで12、3本ほどある包丁をみんなきれいに研ぎ上げたいなぁ。

↓「焼き肉」よりも「ホルモン焼き」だ!

↓現役かどうかは不明。

↓こちらは現役。店の奥行きのなさに比して、集う方々の人生の奥行きには深いものがあるんでしょうねぇ(ちなみに「生きざま」って言い方が大嫌いです。そもそも「死にざま」という言葉はあっても「生きざま」という言葉はないでしょうに)。

↓こちらも現役。

↓理容店シリーズ。

↓理容店シリーズ。

↓こちらは美容院シリーズ。

↓洋品店シリーズ(シリーズにすればいいってもんじゃないけど)。トレンドも「次に来る」も関係ないんでしょうね。清々しい!

↓洋品店シリーズ。

↓昔、腕時計を持つのが一つの夢だったなぁ(何十年前の話だ!?)。

↓意外と若い方が店番してたりする(こちらがそうだというわけではないが)。


この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE