2012年08月12日

久々に「街角から」

夏の(暦的は秋なのだが感覚的にはまだ夏ですね)嵐の後、カザルス指揮のモツァルトの所謂後期六代交響曲を久々に一気聴きしてみようと思い立ち、ま、実際今聴きながら書き書きしているわけなんですが・・・モツァルトの所謂後期六代交響曲の何曲かはカザルス以外にはやはりワルターシューリヒトの指揮のものが好きです・・・で、ヴァン・ルージュかなんかで結構酔っぱらってていつにも増して何を言っているのやらよくわからん状態になってはいるのですが・・・人生ン十年、結局バッハモツァルトで良いは!という気になっている今日この頃です(ちょっと前からそうではあるのだが)。で、さようなことはともかく、久々に「街角から」です。

↓「長期滞在歓迎」ってのに弱いんですよね〜

↓この寮ってのも、その、なんというか「紅蘭」ってのがすごいなぁ〜って感じでしょうか?

↓こまめに見て行けばどこにも醸造屋さんはあるんですけどね

↓どこにも有るって言うとこういうワゴンも良く見かけるなぁ〜

↓で、火見櫓はよく見るかのか?といわれると・・・

↓現役です

↓理容店シリーズ

↓ここはね・・・元美容院っぽい感じがあったのだが・・・

↓現役

↓現役かどうかは不明

↓残念ながらここは廃業


この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE