2012年10月31日

10月28日 梅津ライヴ & ちょっと早い予告

10月28日梅津和時ライヴ@四日市FULL HOUSE へ行ってきました。

え〜と、10月28日といえば「四日市ジャズフェスティバル」だったようなんですが、雨と風に吹かれて、さて、いかがなものだったのでしょう?(小生、夕方近くまで風邪でズルズルだったので行かず。というか元気でも行く気はなかったのですが・・・)。

店内に入るとミネラル・ウォーターと、コーヒーなのかカップ・スープなのかを前にした梅津がいた。腹は減ってないのか?食事はしてもらったのか、主宰者!?そういえば四日市ジャズフェスティバルにはロハで出演させたんだってな?(この日のプロデュース関連がどうなっているのかよく分らんのだが)。

で、ともかく前から二列目、坂本浩と同じテーブルに着く。坂本超不機嫌。一緒に座ってていいのか?という疑問が一瞬、頭をよぎる。
ま、いいか、でビール。

1セット目、始まる。やや疲れが見えるが…。「サマー・タイム」、モンクス・チューン、おおたか静流作詞、梅津和時作曲の「東北」の吹き語り、キヨシローの「ラプソディー」、そして「虹の彼方」。

で、中入り。

2セット目はマディ・ウォーターズ作「Rollin’ Stone」で始まる。歌うはYOUのマスター、金チャンこと金子敏明。なにげに梅津、機嫌良くなってる感じ。もう一発やるか、でもう一曲。ちょっとギターの音が詰め切れてなかった感じですがそんなものブルーズには関係ねぇ!
梅津、機嫌良しの感じ。
で、フィリップ(ワラビモチ愛好会)によるパフォーマンスと梅津の共演。
ご存知四日市のミュージシャンたちがフィリップ・マジックによって変身して登場。トロンボーンがドラゴンみかん、サックスは赤野カエル、そしてトランペットがワラビー岬わらびもちフィリップは噂は聞いていたのだが実検は初めて。曲はヴィクトル・ハラ「平和に活きる権利」。曲名がワラビー岬から告げられたとき小生、思わず「歌っちゃおうかな」と呟いたのを梅津が聞きつけ「歌う?」といってくれたんですが(ま、ご機嫌故の半分ジョークだったとは思うが)「全部覚えてないから止めとく」といってしまう。「静かに暮らし 生きる権利を」のフレーズだけでも歌えば良かったかな…とちょっと後悔。
ライヴが終わりYOU石渡岬とコーヒーを飲んでいたら梅津&坂本登場。ずっといたかったのですが、残念ながら終電の時間が近づいたのでおいとまする(調子もあんまし良くなかったし…)。

で、ちょっと早い予告は12月30日四日市FULL HOUSE「年忘れフリージャズ大会」(仮称)開催です!

で、ご報告ですが、原則として演奏中は撮影しないので演奏風景は、なし。

↓ま、後始末はちゃんとやって欲しいものですね。

↓兵ども(?)が夢の後…

↓開演時間を間違え早く着きすぎたので、それなら、とケミアで腹ごしらえ。この後YOUへ行って当日前売り券(?)を入手。

↓譜面を見ながらスタンバイする梅津

↓チューニングする金ちゃん

赤野カエルワラビー岬。そして梅津

赤野カエル

金ちゃんは人気者なのさ

梅津和時

↓セッティング中か演奏後か忘れた…

↓セッティング中か演奏後か忘れた…その2

赤野カエル、ドラゴンみかんから赤野芝人、新田みかんに無事戻る

↓サービス心いっぱいの梅津


↓あ〜、梅津ワタクシ

↓少し機嫌が直ったような坂本

↓跳ねる石渡を撮影するフィリップ


この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE