2012年12月14日

荒木由香里個展&12/30「仏滅ラストショー」追加情報

「荒木由香里個展 Category」へ行ってきました。
やってくれてます!新シリーズ「ガチャガチャ・シリーズ」(勝手に命名)も展開。作品によってはちょっと狙い過ぎか?と思えるところもありますが・・・。今回は「ゆかりカレンダー」(勝手に命名)を購入。マルチプルなのでまだ少し在庫がある由。急げ!!
ゆかりカレンダー(カレンダー機能は・・・ない)

荒木由香里個展 Category

2012年12月8日(土) 〜 22日(土)
13:00-21:00 木曜日休廊
AIN SOPH DISPATCH
〒451-0042 名古屋市西区那古野2-16-10
(円頓寺本町商店街 JAMJAM 奥入ル)
phone 052-541-3456
e-mail info@ainsophdispatch.org
[13:00-21:00]木曜日休廊
名鉄・近鉄・JR・地下鉄 [名古屋駅] 下車徒歩10分
地下鉄桜通線 [国際センター] 下車徒歩8分


そして12/30日の「仏滅ラストショー」の追加情報がプロデューサーの不機嫌坂本から!
(以下、不機嫌坂本のブログより↓)

「野垂れ死ぬな」 今井くるみ

カレラにチラシを持っていくと、どえらいオーラを放つ女性がいました。そのときの私は人並みに風邪にヤラれて鼻水ズルズルで顔面半分を覆うマスクにサングラスに帽子に何故か赤い軍手という完全武装で夜中のコンビニに入ったら警戒度ダントツのなりでしたのでカレラのママも私とはさすがに気づきもせずオーダーを取りにも来なくてしばらく放置されていました。しょうがなくマスクをはずし「まいど」みたいなお愛想顔をつくり私と識別していただいた次第ですがチラシを渡すと前述の女性を紹介してくれました。詩人でした。カレラで「死と再生」というテーマでライブもやっているそうで怨念のこもった書体で「野垂れ死ぬな」という表題の詩集が手作業丸出しの製本でコーヒーの染み、手垢のついたような作品を何気にカウンターに置いてあり私は70年代の亡霊のようなその詩集とそんなものをこの時代に創りあげた女性にとても弱いんですね。12.30 and moreが一名追加となりました。詩人:今井くるみさんです。ストラトは弾きません。

(↑とのこと。ラスト一行はあてこすりか?w)


この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE