2014年02月27日

読みましょう

十余年を閲してまさに絶妙のタイミングで復刊されました。今、ナチ・ドイツ的言説を操りナチ・ドイツ的になし崩し的に立憲主義を葬ろうとしているのは誰でしょう・・・?
読みましょう!

宮田光雄著
「ナチ・ドイツと言語 ―― ヒトラー演説から民衆の悪夢まで ――」
■新赤版 792 ■定価(本体 740円 + 税)


この記事へのトラックバックURL

 

プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE