2014年11月02日

降り出しそうな空の下、「街角から」11月2日号です

なにやら急に寒くなる予想の中、「街角から」11月2日号です。

↓まつりだまつりだ!

↓残念ながら廃業してました

↓火の見櫓も好きです

↓実に分りやすい

↓ちょっと分り難いですが赤い「V」の横でシュワちゃんが歯を剥き出しにしてます

↓豆炭、煉炭のある暮らしはもう帰らないのかもしれない

↓単純に清々しいとは思えない。何かが引っかかる…

↓部屋の中がどうなっているのか気になる

↓しませんか?

↓ヒャヒャヒャヒャ…

↓レンタルもやってる呉服屋

↓屋号なんだろうがひな人形には相応しくないのでは…と
思ってしまうのはワタクシがストレンジャーだからか?

↓残念ながら廃業してしまったようです

↓廃業してしまった玩具店では夜な夜なフェアリーたちが
舞踏会をやっているのでありましょう…

↓かつては様々な微笑みが交わされたのでありましょうか?

↓やっぱりこれですよ!カフェなんか…←ほんと、クドイ

↓アタシャ葬式なんざしてもらわなくても…っていっても誰もやってくれそうにはないのだが…ハハハハハハ
と言って別にやって欲しい訳ではない、為念

↓基本はタコ焼き屋なんだろうなぁ

↓そしてこちらは「たい焼き」

↓素晴らしい氷だと予感させるではないか!!(稲垣足穂風に)

↓「てこねチャーハン」が気になる

↓こういった「食堂」も少なくなってしまった…。
良さが分ったときにはもう遅いかも…

↓「カルピス」が良い!

↓ちょっと店内を想像しがたい

↓穏やかに暮らしてらっしゃることを願う…

↓お餅をいただきながら手相を見てもらうってのもいいかも…。それはそうと「外はカリカリ中はモッチモチ」って言い方、ヤだなぁ
  

Posted by 偏執長 at 12:02Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月25日

アラヨっと・・・「街角から」10月25日号です

相も変わらずの「街角から」、10月25日号です。
相も変わらずといえばTV等ではいまだに「行列のできる…」なんてやってますが、食べ物にありつく為に行列をするなんざぁN.Y.C.の教会のホームレス向け炊き出しの風景でしょうに…ああ、また嫌われるようなことを…

↓洋品店シリーズ

↓ウィンドウの中にヴィンテージのソーサー・カップがありましたが
タグが付いてなかったので非売品なんだろうなぁ…

↓洋品店シリーズ

↓やや変さが感じられるとは思いますが…

↓かなり変です。
ひょっとして店内にはチネリのヴィンテージの鉄フレームがさりげなく置いてあったりして…

↓土地柄なのか(場所はヒ・ミ・ツだが)牛さんです。いや、馬さんか?

↓なにやら睨みをきかせてます

↓そして…羽根を失くしたミツバチさんかな?アリさんかな?

↓屋根には2トーンの柱が。
夜になると店の前でウォルト・ジャブスコ君が踊るのだろうか?

↓文字通り、いろいろなモノがありました

↓スゴイ!

↓かつては何だったんだろう?
短くはあるがめくるめく恋のゲームへのプロムナードだったのだろうか?

↓ツノゼミも真っ青な意匠…。意匠といえば『様々な意匠』の小林秀雄の周辺をウロウロしていただけとしか思えない白洲正子がなんであんなに評価されるのかねェ〜?あれほどの環境にあったのならあの位できなきゃどーしよーもないと思うのだが(そしてそれも大したものとは思えないのだが)…。ああ、また嫌われるようなことを…

↓懐かしいロゴ!!

↓いいなぁ〜

↓駅のホームから見た空。場所はヒ・ミ・ツ

↓そうなんだろうな・・・

↓そしてなにやら黙示録的な風景のような気がする。
それにしても、いかにも「お花です〜」、
「キレイに紅葉しました〜」というようなものには
あまり目が向かないワタクシ…
  

Posted by 偏執長 at 23:41Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月06日

颱風、迫る中

5日"この日は不機嫌なのかどうか分らぬ"プロデューサー坂本カリー河でのフリーマーケット企画、 『生活の柄』へ行く。グリッシーニ(?)を齧りながらビールを飲み、西岡兄妹の首吊り缶バッジ、「神の子供」珍庫唱片でネオ・サーフロックのCDを買う。
そして颱風、迫る中、津東丸の内19-6林時計舗北となりのハートぽっぽへ行く。"この日は不機嫌なのかどうか分らぬ"プロデューサー坂本が電話を掛けている間に一足先に店に入るとLIVE の最終のエンディング。アンコールの短い演奏を一曲だけ聴く。やがて"この日は不機嫌なのかどうか分らぬ"プロデューサー坂本来店。呑み始める。ローディー池田はヘロヘロ状態。とあるミュージシャンに対する評語はとてもじゃないがそのままでは紹介できませんのでほんの一部を…
◯◯は&(=@L#m¥+]{a"#o&#%$+*{|~=?tK&$(#)??h&#%#&#%#e&#%#$r
△△は~?*+fP&%#$W)u;@0pPhUtc&%#$=kgtRjHだし
□□e¥~-K%=rv&%#$xb*`+#'&)だぁ〜」…
帰途、喫茶 YOU に寄る。カネちゃんに20年前に出た本の在庫を尋ねるとゴソゴソして「これや。残り在庫5冊」と出してきたので「サインしてくれたら買うよ」と言うと「当たり前やん」サインするのが当たり前なのか買うのが当たり前なのか…

首吊り缶バッジ

西岡兄妹「神の子供」

ハートぽっぽ

↓鳩がいてtp.がポッポしてます


↓「普通こういうのは、やらんやろ」とローディー池田は言いました

ローディー池田

↓隣のお客さんがオーダーしたバーボンの水割り
これがこの店の常態なのであろうか…

↓店を見詰めるローディー池田

↓この懐かしい雰囲気。ちなみに帽子の男性は
年末に共演してくださることになったdrumsのヒロッチ

"この日は不機嫌なのかどうか分らぬ"プロデューサー坂本
隣のお客さんとワタクシのとどれが誰の何やら…
グチャグチャになったグラス、酒、などなどなどなど…

↓ヘロヘロです

カネちゃん「SOULFUL BREAK」
  

Posted by 偏執長 at 23:51Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月05日

そしてそれはともかく「街角から」10月5日号

村上春樹がノーベル文学賞を…かもしれない。なにせ石が流れて木の葉が沈むような世の中故に(嗚呼!)。そしてそれはともかく、「ハルキスト」って感動的に気持ち悪い。そしてそしてそれはともかく「ハルキスト」って本当にいるのか?みんなジョークでやってるんじゃないのか?とてもじゃないが正気の沙汰とは思えない…。そしてそしてそしてそれはともかく「街角から」10月5日号です。そしてそしてそしてそしてそれはともかく、颱風接近の中「不必要な外出」でもするとしますか…

↓「ちゅうい」のルビの位置に注意

↓ナザレのイエスは咎なくて・・・

↓コンセプチュアルだなぁ

↓職人はまず腕だ、と考えるのはもう古いのであろうか

↓「オシャレなカフェ」は見習うように ← くどいw

↓白髪の優しい薬剤師がいるに違いないと思わせてくれる。「ヘソお辞儀」をしながら頭のてっぺんから妙なイントネーションで「イラッシャイマ〜セェ〜」などと言うバイトではなく。

↓「うたかたの日々」はボリス・ヴィアンであったろうか…

↓え!?

↓とりあえず入るか否かを考えてしまう


そして…これが我が愛用の1801年(亨和元年)設立のヤマコ醤油株式会社の醤油(「三重奏」で決まり!)と味噌(三種全部冷蔵庫にある)。近所ではなかなかお目にかかれないので四日市の「じばさん三重」で買ってます(時々欠品してるが…笑。ヤマコ醤油本社内の直売所へはあの近鉄八王子線の終点まで行ってしばらく歩かなきゃいけない。しかも土日祝休み!)。

(製品写真はヤマコ醤油株式会社H.P.より)  

Posted by 偏執長 at 12:09Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月28日

ほんとにどうかしたのか、「街角から」

ほんとにどうかしたのか、「街角から」です。

↓こういうの好きだぁ〜

↓押しそうになった

↓銭湯シリーズ

「ヤマナ」はまだ存続しているのだろうか?
ちなみにワタクシは三重県四日市市室山町の「ヤマコ」の味噌、醤油を愛用しています。

↓あの「パンサー」が復刻されているらしい!

↓金曜の夜になると振り回す奴がいたりして…

↓分りやすい!

↓ウ〜ム。
ウ〜ムと言えば某イオングループ「g.g.」とかいうの、ありゃないネーミングだなぁ〜、
ワタクシには「爺」としか聞こえない

↓気分はロマ…

↓なんかカワイイ

↓時代は「認知」だぁ〜

↓今、足袋事情はどうなっておるのか?ワタクシが縁のない生活をしているだけなんだが

↓手編みのセーターなんて見なくなったなぁ〜

↓ここまできたら御一人様でもやってくれ
  

Posted by 偏執長 at 06:41Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月25日

どうよ・・・「街角から」番外篇

あ〜出てきました、「ゲンセンカン」!!
で、「街角から」番外篇です。

↓これなんですが・・・営業時間外だったようなので入ってない。第一、現役かどうかも不明だったし(ついでに言えば何屋であるのかも不明。居酒屋であると思うのだが)。今もあるのかどうか・・・その後、確認しには行ってない。
  

Posted by 偏執長 at 13:23Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月22日

なにをやってることやら…「街角から」9月22日号

ったくもうなにをやってることやら…「街角から」9月22日号です。

↓ハハハ

新田みかんに捧げる

↓何屋なのか気になる

↓ネライなのか「落書き」なのか?

↓君とはどこかで会ったような気がする…

↓ガラスが割れているからと云う訳ではなさそう。
「電波」の侵入を防いでいるのか?

↓売り切れてしまっていた無人スタンド。
何が置いてあったのか気になる

↓なにがなんでも「英会話」と結びつけたい訳だな。
「英会話」とやらができなくとも「通訳をつけるからぜひとも話をききたい」と言はれる、さういふものにワタシはなりたい

  

Posted by 偏執長 at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月22日

告知はしなかったが報告はある & それはそうと

当ブログで告知はしなかったのですが(舞踏家の杉山和こ責められる…笑。言い訳をすれば…諸々あって…←「街角から」はこんなにUPしているのに…。←言い訳の余地なしこれからはきちんと告知致します…)ご報告です。
柳川芳命主宰「地と図 Vol.76」
イトウカズヒトvl.、長坂 均tp.,fh.、柳川芳命sax のラインナップ


イトウカズヒト
ソロで「天城越えのテーマによるインプロヴィゼーション」も聴かせてくれました

長坂 均。今回はかなり音がアグレッシヴと感じました。

柳川芳命


↓あ〜それと、柳川芳命最新アルバム。2曲も入ってます(笑)



それはそうとブログの残容量がほとんどなくなっています…写真も見た目の美しさを無視して(じゃあその「実」は美しいのか?と言われると…ハハハハハハ…)72p/i でUPしてきたのに…。容量アップでもやりますかね…  

Posted by 偏執長 at 01:09Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月20日

曇天でも「街角から」と行きますか

曇天でもプラプラしてます、「街角から」です。

「三角公園」というのはどこでもこういった、
オジさんたちがプラプラしている処となる宿命にあるのか?

↓・・・

↓こういう店がまだあるのが嬉しい

↓店名が嬉しい

↓懐かしのキャラグッズを扱っていたのだろうか?としたら早すぎたのであろう…
それとも単に古いものをもてあそんだだけか…

↓余計なお世話だろうが…これでやって行けるのか?

↓ハイハイ(ハイは一回!)

↓いかなる店であるのか?
  

Posted by 偏執長 at 22:45Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月18日

たまに覗くと

先日、久々にCDショップを覗いてみました。
なんとピーター・アイヴァース(Peter Ivers)"TERMINAL LOVE" が直輸入仕様で並んでいました。以前のようには積極的にナニかを捜す、と云うことを余りしなくなったんですが
(この"TERMINAL LOVE" にしたってこのヴァージョンが発売になっていたのを知りませんでした。随分前に一度国内盤でCD化されて廃盤になったのは知ってましたが)たまに覗くと、オヤ!?こんなものが…CD中心にリイシュウが次々と出て良い時代になったものです(海外の復刻専門レーベルを覗いてみると目も眩む思いがします)。問題はお金と…ワタクシに残された時間だぁ〜  

Posted by 偏執長 at 10:19Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月17日

出た、買った、安心しろ

板橋区立美術館「種村季弘の眼 迷宮の美術家たち展」の公式図録として平凡社から
「種村季弘の眼 迷宮の美術家たち」
が刊行されました。手に入れました。
 にしても、種村季弘に「文学・美術・宗教・思想など広範な分野にわたり個人指導を受け」たそうで、ことあるごとに「種村、種村」と言ってる諏訪哲史が顔を出さないのは…♪なんでだろ〜♪(笑)。出さないところがいいなぁ〜(国書刊行会刊の「種村季弘傑作撰Ⅰ」「種村季弘傑作撰Ⅱ」は、手放してしまったがもう一度読みたいものが入っていたけれど諏訪哲史が編者であるということでグッチャラグッチャラ書いてやがるだろうし…見送った)、「種村季弘の眼 迷宮の美術家たち」安心して買いましょう!(こんなこと言うと名誉毀損になるのかな?笑。諏訪哲史に関しては、2010年04月19日の記事、「なんじゃ!?ありゃ!」も参照してください)

(写真は平凡社H.P.より)
  

Posted by 偏執長 at 00:17Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月16日

そうだそうだった

14日喫茶 YOU でコーヒーを飲んでいると(四日市はJAZZ FES.とやらだったらしいが関心ないし…)今井くるみが入ってきてこれをくれた。どないせぇちゅうんじゃ…
  

Posted by 偏執長 at 10:30Comments(2)TrackBack(0)

2014年09月15日

なおも行くぜ!「街角から」

なおも行きます!「街角から」です。

↓バッハの無伴奏ヴァイオリンが流れていて欲しい。
シェリングではなくミルシテインの演奏で…音量は低く抑えて…

↓結局、わけわかんなくなったってことか?店名は BIRD LAND だぜ

↓降りたバス停

↓美容院シリーズ。現役です

↓今日の三叉路シリーズ その1

↓今日の三叉路シリーズ その2

↓現役です

↓知らない町で知らないお酒を見つける楽しさ(以前のようには呑めなくなってしまった悲しさ…)

↓う〜む

↓現役かどうかは不明

↓町外れから空を眺めてみました
  

Posted by 偏執長 at 23:41Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月15日

そしてまた「街角から」

そしてまた「街角から」です。

↓いかなる願いが込められたのであろうか?
それはともかく今は衆生を、いや、ワタクシを見守ってくれい!

↓入りたかったのだが女子中学生が集団でキャッキャラと大騒ぎしていたので気後れしてしまって…

地球征服するなら今だ!

↓三叉路シリーズ

↓医院シリーズ

「神秘でない若さ」はどうなるのだろう?
そもそも「神秘な若さ」とは?

↓あの「サンツアー」と関係があるんだろうか?

↓こういったものは現代のイコンであるのでしょう…
  

Posted by 偏執長 at 07:12Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月12日

たまには・・・

たまには文藝的に余に文藝的に・・・
青木月斗の句碑です。


 山
 よ
 り
 野
 よ
 り
 水
 よ
 り
 起
 る
 秋
 の
 聲

 
 斗
  

Posted by 偏執長 at 01:20Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月09日

止まらないのか?「街角から」

もう止まらないのか?何があった?…「街角から」です。

↓本日の三叉路シリーズ 1

↓本日の三叉路シリーズ 2

「愛は突然に… 」加橋かつみだがこういうものも
突然に現れるもののようです

↓そういえばあの"ロビン"はどうしているのだろう?
消息をご存知の方は是非、ご一報を

↓なるほど

↓これもなるほどだぁ・・・

「錆び付いた街にニュートンシャワー/
焼き着いた彼女のシャドウ」
(「24時間の情事」MOONRIDERS)

↓思いもよらなかった…

↓近頃流行りのナンチャッて昭和レトロ風居酒屋にあるモノとは違ってホンモノの風格だぁ〜

↓しかし、ま、なんと言うか・・・

↓誰なんだ?知らないのはワタクシだけか…?
  

Posted by 偏執長 at 01:40Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月07日

ちょろっと「街角から」:改訂版

ちょろっと「街角から」です。

司馬遼太郎はロクなモンじゃないと思ってるし
「司馬史観」とやらを持ち上げる輩なんザぁ知能の低さを自分から宣伝してるようなものだ
と思っていますが、
自分で「街道をゆく」のは大好き



↓このてのものはみんな合成樹脂のものに替わられてしまったなぁ

↓きっと良い道具が並んでいたんだろうなぁ

  

Posted by 偏執長 at 09:41Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月06日

怒りの、「街角から」

怒りの、「街角から」です。

そのままで(レリゴーw)素晴らしい魅力的な町だとワタクシは思うのに、勘違いな意匠のウツクシクない看板を掲げて有機野菜、有機コーヒーとやらを売りにした「ほ〜ら僕たちこんなに意識高いでしょ、地域から発信するんだもん」的カフェとやらがやっぱり出てやがった……(「意識高い」ってのもワハハハものですが)
(そんな写真なんかワタクシが撮る筈もない !!いや、撮るかも…w)







  

Posted by 偏執長 at 22:24Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月04日

またしても「街角から」

またしても「街角から」です。

↓食べてない

↓罪にまみれたワタクシ…←やっと気づいたのか

↓町内の世話焼きおばさんっぽいなぁ
  

Posted by 偏執長 at 10:48Comments(2)TrackBack(0)

2014年09月02日

ちょこっと「街角から」

ちょこっと「街角から」です。ローカルタレント(?)シリーズです。


  

Posted by 偏執長 at 08:20Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月31日

どこまで行くんだ「街角から」

どこまで行くんでしょう…「街角から」です。

↓かつては様々なおしらせが掲示されたのでしょうが
今はロスコーみたい

↓三叉路シリーズ

↓はい

↓何年か前からよく見る風景ではある

↓精米料のことですよね

↓そんなこと言ったらキツネだってネコだって…と言っては
イカンのだろうなぁ。そもそもタヌキが呑むか?と、これも言っちゃイカンのだろうなぁ…

↓現役ではないと思うが…不明

↓元銭湯です

↓そうやってタンスの肥やしが増えて行く…

↓この手があったか

↓以前は地酒を見掛けると必ず買ったものですが…

↓メインは一体どれやねん

♪雨雨降れ降れもっと降れ♪という唄もあるが…その分、情けが染みるということか?

↓洋品店シリーズ

↓そりゃそうだ

↓何に対してだろう?

↓またたく(実際にはまたたいてはいないが)ネオン(実際はネオンではないが)が好きです
  

Posted by 偏執長 at 06:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月30日

次々行くぞ〜「街角から」

「街角から」です。夏の宴の終わりに…(ワタクシには別に宴はなかったのだが…)

↓入りたかったが営業時間外だった。
どこかの町に「ゲンセンカン」というのもあった
(←写真がすぐには見つからなかった。捜します)。
そして今回の「街角から」「ねじ式」的(?)展開を見せるのか…

↓入りそうになった…

↓そうは思いたくない時もあるワタクシはまだまだ修行が…

↓ハイ、心します

↓そりゃマァそうなのだが…

↓確かに!

↓そう、常に不安におびやかされているワタクシ…
  

Posted by 偏執長 at 09:46Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月28日

まだまだ行くぞ〜「街角から」

まだまだ行きます、「街角から」です。



↓本店はどこだ?

↓三叉路シリーズ

↓呉服屋さんシリーズ

↓美容院シリーズ。妙に存在感がある。

↓川に沿った途が門に続いてます。ステキだなぁ〜

↓美容院シリーズ(廃業してる)

↓医院シリーズ

↓おや、こんなところに…

↓廃業してます

↓こちらも廃業してます

↓看板が良く見えないけど温泉です

↓薬局シリーズ

↓現役です

↓これもハーフティンバーだぁ〜

  

Posted by 偏執長 at 02:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月26日

どんどこどんどこ「街角から」

気を取り直して行くかぁ〜、「街角から」だぁ〜


↓みなさん、たくさんお持ちの良い台詞で
オバサマたちの感涙を絞り、
ついでにご祝儀も絞るのでありましょう…いよッ日本一!




  

Posted by 偏執長 at 00:12Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月25日

行ってみた

曇天の下、街散策のついでにw津市センターパレス地下研修室で開催された「詩人そして貝殻節とクリスマスソングのみを唄う歌手コスプレ占い師写真撮影モデル民生委員など」(©坂本浩)たる今井くるみ
「今井くるみ 第5回個展」
を覗いてみました。残念ながらくるみワールド全開とは行かなかったようではありました。…党派性をかなり感じさせるギャラリーたち(別に悪かないが…)…カレラの猫ママ(©坂本浩)は実はかなり邪悪な人ではないか(そうであっても別に悪かないが…。あ〜これは飽くまでワタクシの個人的感想です)、対談で出てきた「kalas」発行人の石原壮一郎(訂正です。発行人は違う人物でした。そして対談相手は石原壮一郎ではないという指摘もあり。じゃ、誰なんだ?いずれにせよあまりお友達にはなれそうにはない方だと今は思っておるが、ワタクシの気持ちはコロコロ変わるからなぁ…)はナンだかなぁ〜…う〜〜〜〜〜ん〜〜〜しばらく封印していた筈のワタクシの邪悪な心が頭をもたげそう…。今井くるみにウコンドリンク(!)をもらって外に出ると、雨。



  

Posted by 偏執長 at 10:47Comments(1)TrackBack(0)

2014年08月19日

また行くぞ〜「街角から」8月19日号 !!

「街角から」8月19日号です。

↓バイトに入ったら電話口で「はい、エレクトリック・レディランドです」と言ってしまいそう

↓…かわいいあの子と踊った場所は今じゃ場末のビリヤード…(あがた森魚「大寒町」)

↓本当にうれしそう

↓お座敷歌謡の復活だぁ〜

↓欲しいものが沢山あったのだが…金盥を抱えて電車にも乗れず…

↓申し訳ないがワタシは入らないであろう…。
第一、どっちが店名なんだ?

↓そうか、こういうのが100種以上もあるのか…

↓確かに!

↓「不祝儀も…」とは書けんはなぁ〜

↓地域最高「級」値買取!としないと…なんてウルサイ声は出ないのであろうか

↓鮨であると思い込む我が俗物性を気づかせてくれました

↓知らないなぁ〜

↓チェーンの弁当屋よりもこういうところで買いたい

↓厳重な保管であろうか?
  

Posted by 偏執長 at 12:10Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月17日

久々に…「街角から」8月17日号です

久々の「街角から」です。

↓タバコ屋シリーズ

↓表具屋シリーズ。如何にも…という感じがないのがいいなぁ

↓香ばしい客が多そうな…

↓Anything Goes !

↓「ゆるキャラ」(©みうらじゅん)ブームとは
いえこの子の認知度は…?(「かめみちゃん」というらしい)

↓旧東海道にある種苗屋さん

↓こういう「勘違い的中途半端な庶民的モダンさ加減」(褒め言葉です)が、やっぱり好きだなぁ

↓カワイイのがワサワサいました

↓消えて行くんだろうなぁ…

↓こういうのも消えて行くんだろうなぁ…

↓そしてこういうのも…

↓つげ義春の「初茸狩り」に出て来る時計、寺山の
「売りにゆく 柱時計が ふいになる 横抱きにして 枯野ゆくとき」の時計はこういった店で売っていたのだろうか?

↓旧東海道です

↓知らずにバス路線を歩いていました。
炎天下、もうダメだァ〜、熱中症目前だァ〜と思ったとき…何たる天の配剤、バスが来ました
  

Posted by 偏執長 at 23:54Comments(2)TrackBack(0)

2014年08月15日

そして今日は…

そして今日は「終戦記念日」「敗戦の日」であるべきではありませう…。はつきりと言ひたくない方々がゐらつしやるのではありませうが…

では本棚から面白くてやがて背筋が寒くなる早川タダノリの本を二冊…

(左)「愛国」の技法: 神国日本の愛のかたち(青弓社) 
(右)神国日本のトンデモ決戦生活 (ちくま文庫版)
  

Posted by 偏執長 at 01:25Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月13日

行ってきた

名古屋市博物館で開催中の
「NIPPONパノラマ大紀行
 吉田初三郎の描いた大正・昭和」
へ行ってきました。
昔から気になってて、といって深く調べることもなかった
吉田初三郎(1884~1955)
の鳥瞰図観光パンフレットの展示です。
お〜も〜し〜ろ〜い〜!
9月15日(祝月)までやってます。ぜひ!
  

Posted by 偏執長 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月12日

「仁坊夏まつり」遅い速報

仁坊専属カメラマンATOMさんより「仁坊夏まつり」のワタクシの映像が届きました。ということで「仁坊夏まつり」遅い速報です。(撮影はすべてATOMさん

↓存在の居心地悪さを叫んでます。イトウカズヒトのvl.、
写ってませんがN氏のdrums。


↓ストラトが何やら叫んでます。イトウカズヒトのvl.、
顔は隠れてますがN氏のdrums。

バディ南山のdrums、イトウカズヒトのvl.、Paku-Chanのe-bassのセットのワタクシ。なんかロクでもないモノをやってるような・・・(やってないやってない!)
ちょうど隠れちゃってるのがPaku-Chan
  

Posted by 偏執長 at 23:56Comments(0)TrackBack(0)
プロフィール
偏執長
偏執長
存在の居心地の悪さを綴った文言を 叫び、かかえたストラトにもなにやら叫ばせるインプロヴァイザー(かな?)。 大病で救急車で病院へ向かい、そしてあっち側へ向かうもハーイーデースに追い返されステュクス河のほとりでカロンに1オボロス払う機会を失った過去を持つ。最近また違う病気で病院とあっち側へ向かうも、またしてもハーイーデースには追い返された…。次は三度目の正直(?)となるのか… 通称”チョイバカオヤジ”。ヒンシュクを買うDJ ”hiro”の名も持つ。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE